佐藤しのぶ 死因は?オペラ歌手の現在の様子と夫は誰?

人気ソプラノ歌手の佐藤しのぶさんが9月29日に死去
したというニュースが飛び込んできました

紅白歌合戦にも出たことがある実力者で
オペラ界でも有名な方だったようです

佐藤しのぶさんは享年61歳と大変お若く、死因は何なのか?
調べていきます

スポンサードリンク



佐藤しのぶが死去

日本を代表する人気ソプラノ歌手で、紅白歌合戦にも出るなど
幅広く活躍した声楽家の佐藤しのぶ(さとう・しのぶ)さんが
9月29日、死去した。

61歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

国立音大卒。文化庁の研修所で学び、1984年、二期会の「メリー・ウィドウ」
「椿姫」でデビュー。文化庁の派遣でイタリアのミラノに留学。
華やかな存在感と豊かな歌唱で、ウィーン国立歌劇場をはじめ、
欧米の歌劇場や、東京の新国立劇場など、国内外の多くの舞台で活躍した。

佐藤しのぶ顔画像と経歴

佐藤しのぶさんの経歴についてみていきましょう

佐藤しのぶ(さとう・しのぶ)
生年月日:1958年8月23日
本名:現田しのぶ
ジャンル:クラシック音楽
職業:ソプラノ歌手
活動期間:1985年 ~ 2019年

佐藤しのぶさんは、東京都生まれで大阪育ち
音楽とは無縁の一般家庭で育ちますが、

大阪音楽大学付属音楽高等学校、
国立音楽大学声楽専攻卒業
との経歴

佐藤しのぶさんは1987年オペラ歌手として初めて
紅白歌合戦に出演しています

スポンサードリンク



佐藤しのぶの夫は誰?

佐藤しのぶさんの夫は指揮者の指揮者の
現田茂夫(げんだ・しげお)さんです

現田茂夫さんは東京芸術大学の出身で安宅賞を受賞するほどの
実力者だったようです

大学を卒業後、二期会オペラ『ヘンゼルとグレーテル』で
オペラ・デビューします

その後

1986年 二期会オペラ『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ・デビュー。
1987年 新星日本交響楽団指揮者に就任。
1988年 新星日本交響楽団の定期演奏会でマーラーの交響曲第5番を指揮し、オーケストラ・デビュー。
1996年 神奈川フィルハーモニー管弦楽団指揮者に就任。
2000年 神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者に就任。
2002年~2007年FMシンフォニー・コンサートの二代目パーソナリティ(NHKFM)
2009年 神奈川フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者に就任。
また現在、ジュニアオーケストラ浜松の常任指揮者も勤めている。

佐藤しのぶの死因は?

61歳という若さでお亡くなりになった佐藤しのぶさん

以前からご病気だったのでしょうあ?
死因については分かっていません

ただ事故や事件ではなくご病気だったのではとの
声が多く上がっています

佐藤しのぶさんの死因については様々な憶測が上がっていて

・乳がん

・心臓病

・脳血管障害

・消化器系の病気

など

ネットの反応

横浜にいた頃、出逢いのハーモニー見るのが楽しみでした。個人的には、紅白での美声がとても心に残っています。

才能豊かで声もルックスも美しい方だったのに、非常に残念な訃報だ。病が原因だったのかな?

おきれいな方でしたね。まだお若いのに…。
お悔やみ申し上げます。

まとめ

今回はオペラ歌手の佐藤しのぶさんの死去のニュースをお届けしました
まだ61歳とお若い年齢なのにご冥福をお祈りいたします

スポンサードリンク