おのみち住吉花火まつり2019 穴場情報と駐車場 屋台 日程が気になる

尾道水道を舞台に打ち上げ総数が1万3000発の
花火が上がるおのみち住吉花火まつり

スターマイン、音楽花火、水中花火、早打ちなど、
迫力ある花火が印象的で2019年の開催日程も
発表されているようです

今回はおのみち住吉花火まつり2019の穴場情報や
駐車場や屋台などの情報をお送りしようと思います

スポンサードリンク

おのみち住吉花火まつり2019の日程

おのみち住吉花火まつり(住吉神社例大祭)の
2019年の開催日は7月27日(土)となります
(毎年、旧暦の6月27日前後の土曜日に行われています)。
ただし、荒天時は翌日28日(日)に順延されます。

花火の打上げ時間は、19:30~と予定されています。
※昨年は西日本豪雨の影響で時間が短縮されて開催されました。

約13,000発の打上げ花火がいくつかのテーマで区切られ、
スターマインや水中花火、音楽花火などが華やかに
夜空にあがります。

開催地は、広島県尾道市土堂2丁目の住吉神社の先にある
尾道水道の海上になります。

スポンサードリンク

おのみち住吉花火まつり 駐車場 屋台

駐車場

花火大会の会場周辺には、市内有料駐車場のほか、
いくつかの無料駐車場が設けられます。

ただし、駐車場台数には限りがありますので、ご利用を希望する際には
お早めに駐車されることをおススメします。(以下、2018年データより)

・ベイタウン尾道無料駐車場 合計で約1,500台(開放時間は概ね17:00~23:00)
1、 ベイタウン尾道組合会館 (尾道市東尾道4-4)
2、 日工(株) (尾道市東尾道9-1)
3、 広島綜合警備保障(株)隣 (尾道市東尾道10-3)
4、 宮地ナショナル(株) (尾道市東尾道11-23)
5、 クニヒロ(株)従業員駐車場・ヒマラヤ横 (尾道市東尾道14)
6、 (株)小倉秋一商店 (尾道市東尾道15-1)
7、 東尾道市民スポーツ広場駐車場 (尾道市東尾道19-3)
8、 フジグラン尾道 (尾道市東尾道19-7)
※上記、無料駐車場周辺から有料シャトルバスが打上げ会場周辺(長江口バス停)まで、
10分~15分間隔で運行しています(会場までは約20分かかります)。お帰りは最寄りの
停留所(駅前・芙美子像前・渡場・長江口)で車庫行きバスにご乗車ください。
最終便は22:00頃に出発予定となっています。

・向島地域無料駐車場「尾道市民センターむかいしまココロ」
約100台(14:00~23:00予定)

・向島地域無料駐車場「向島運動公園」 約1,000台(17:00~23:00)
※向島運動公園から市民センターココロ行きの有料シャトルバスが
20分間隔で運行されます。

なお、会場案内図によりますと、
・交通規制区域
・駐停車禁止
・超混雑エリア&混雑エリア
・観覧禁止場所
・場所取り規制区域
等が決められております。
交通規制時間は18:00~22:00(予定)となり、規制時間内は
有料駐車場からの入出庫、及び近隣住民の車両の出入りは
いかなる場合もできません、と注意書きがされております。

スポンサードリンク

屋台

尾道側は住吉神社を中心にたくさんの屋台が出店されています。
向島側にももちろんいくつもの屋台が出ています。
広島といえば、お好み焼き(あまり大きな声で広島“風”とは呼ばないほうがいいかも)。
尾道といえば、ラーメン。
瀬戸内の近年の特産物といえば、レモン。
屋台で食べられるかもしれないですね。

おのみち住吉花火まつり 穴場 お得情報

花火が打ち上げられる場所は、住吉神社の目の前の
尾道水道上に台船を設置して行われます。
見えやすい場所としては、尾道側も対岸の向島側も
ほとんどかわりはありません。

ビューポイントのひとつに、会場からは少し離れますが、
尾道側にある千光寺公園内の展望台があります。
音楽花火などは物足りないかもしれませんが、夜空の
中にきらめく花火をいっぱいに見るにはちょっとくらい
距離と高さが必要かも。

さらに、ロープウェイは花火大会に合わせて、
営業時間が延長されます。

場所取りについての注意事項です。
尾道駅前港湾緑地、住吉浜のエリアについては花火大会当日の
16時まで場所取りが規制されます。
また、開放されてからも、大型ブルーシートや必要以上に
広い場所取りは禁止となっています。基準としては、1人あたり1m×0.8m、
家族単位でも最大2m×2mが面積の上限とされています。

まとめ

おのみち住吉花火まつりの起源は江戸時代中期頃まで
さかのぼることができます。
当日は14:00から住吉神社で御幸祭(例大祭)が取り行われ、
神輿が尾道市内を陸上渡御します。
商売繁盛と海上交通の安全を祈願する意味もありますので、
ものを作ったり売ったりするお仕事の方だけでなく、船旅を
予定されている方は是非ご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク