関門海峡花火大会2019 駐車場と穴場情報は?

関門海峡を挟んで福岡県北九州市門司港と山口県の下関の
両岸で行われる関門海峡花火大会ですが2019年の開催日は
いつなのでしょうか?

関門海峡花火大会2019の駐車場や穴場情報とともに
詳しくご紹介していきます

スポンサードリンク

関門海峡花火大会2019の日程とアクセス・時間は?

毎年8月13日に開催されています関門海峡花火大会の
「駐車場、屋台、穴場情報」等をご案内します(今年は火曜日です)。

関門海峡花火大会の会場は複数あり、北九州市門司側に1か所、山口県下関側に3か所あります。
門司側の会場:「北九州市門司区西海岸埋立地」(最寄り:JR門司港駅)
下関側の会場:「22号岸壁・海峡ゆめタワー前会場」(JR下関駅方面)。
こちらの会場では5寸~1尺半玉用の打上げ台船からあがる花火がよく見えます。
:「あるかぽーと会場」(下関IC/JR新下関駅方面)
:「カモンワーフ・唐戸市場会場」(下関IC/新下関駅方面)
小型煙火と4寸玉までの打上げ台船が近く、また走行するボート上から水上に
投下される水中花火のルートが目前を走ります。

花火の打上げ時間は、いずれの会場でも19:50~20:40で予定されています。

小雨では決行となりますが、強風など荒天の場合は中止する場合があります。
順延はありません。

花火の打上げ数は海峡を挟んだ両岸でそれぞれ約7,500発、合計で約15,000発の
様々な趣向を凝らした花火が夜空を圧倒します。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会 駐車場と屋台情報

駐車場

門司会場・下関会場ともに周辺に専用の駐車場は
用意されていません。

公式アナウンスでは公共交通機関のご利用が推奨されています。
以下にご案内します駐車場も当日は早い時間に満車になる
可能性がありますので、ご注意ください。

下関市には市営駐車場が3か所あります。
・長門町駐車場(下関市長門町10番1号/083-223-0411) 128台
※交通規制(16:00~23:00)の対象区域に面しているため、出庫時間が遅くなりますのでご注意ください。
・細江町駐車場(下関市細江町2丁目8番25号/083-232-2571) 500台
・赤間町駐車場(下関市赤間町7番35号/083-223-8737) 300台

JR山陽本線の長府駅前にある下関市競艇場の駐車場をパーク&ライドで利用する方法があります。
花火大会当日の17時~深夜0時まで駐車することができます。
路線図によりますと、長府駅→新下関駅(5分)→幡生駅→下関駅(15分)となっています。

門司会場の最寄り駅は、JR鹿児島本線の門司港駅になります。
路線図は、門司港→小森江→門司→小倉(15分)。
門司港レトロといわれる観光名所になっており、周辺に駐車場も多数ありますが、花火大会当日は交通規制がかかる場所も含まれていますので、その場合には出庫時間が遅くなってしまいます。(一部の会場内通路は13時より車両進入禁止となります)

帰宅時のラッシュを避ける手段として、例えば小倉駅付近の駐車場に止めて、
会場までは電車で向かうというプランもありだと思います。

屋台

下関側の各会場では合計170店舗以上の屋台が出店予定となっています。
また、会場内にあります「しものせき水族館海響館」と「海峡ゆめタワー」は花火大会当日に限り、営業時間が通常時よりも延長されます。

門司会場の屋台は海岸線と並行に、なんと300店舗ほどの出店があるようです。
いったい誰が数えたのでしょうか。

シートを敷いて、ゆっくり花火を鑑賞するだけではなく、
屋台の食べ物を買って、食べ歩きしながら散歩見物もいいかもしれませんね。

関門海峡花火大会 穴場 お得情報

関門海峡花火大会は、行政や企業等ではなく、民間のボランティアが資金を集め、
警備計画、大会運営まで行っている全国でも珍しい大型花火大会です。
そのため、実質的には有料席という形になりますが、協賛金という方法で
花火大会を支援し、金額に応じてエリア等がかわります。

例えば、門司会場ですと、

1、 一般協賛金…一口5,000円で椅子席1席
2、 特別協賛金
Sセンター桟敷席…一口25,000円で桟敷席の最前列中央で、本格的音楽花火が楽しめます。5名まで座れます(畳2畳分)。
S桟敷席…一口20,000円(5名席)
他あり
3、環境整備協力席…当日支払い。1,000円/人。大人同伴の子供(小学生)は無料。イスなどの用意はないので、各自でシートなどの準備が必要です。

下関会場においても名称や料金は異なりますが、前日までの前売り券で購入できる有料席と、当日支払いの有料エリアがあります。

まとめ

関門海峡花火大会という呼び方ですと、ひとつの花火大会のようですが、
実際は二つの大きな花火大会が同時進行で開催されるお盆の一大イベントです。
各会場で趣向を凝らした打上げ花火がありますので、毎年見る場所をかえて数年計画で楽しめる花火大会といえるでしょう。

スポンサードリンク