池江璃花子 入院先の病院と期間 白血病の現在の症状は?

池江璃花子 入院先の病院と期間 白血病の現在の症状は?

競泳女子の池江璃花子さんがツイッターで自分が
白血病であることを公表し、心配の声が上がっています

池江璃花子さんは現在表員に入院中とのこと
白血病と戦うため長期の入院が予想されますが
一体どんな症状なのか?
入院先の病院なども調べてみました

スポンサードリンク



池江璃花子が入院している病院は公表されている?

池江璃花子さんが現在入院している病院は、マスコミなど
公表はしていません。
まぁそれは、当たり前の話で本人が必死に白血病と
戦っているのに、興味本位に押しかけられても
困りますからね

ただネットでは純粋に心配し入院先がどこなのか
普通に知りたいだけという人も・・・

池江璃花子さんは優秀な競泳選手で東京オリンピック候補
白血病を患っているという事から早期完治が期待できる
最先端の病院と予想できます

スポンサードリンク



池江璃花子の入院先の病院はどこ?

池江璃花子さんの入院先の病院ですが
東京都出身で高校も東京都、白血病にも打ち勝てる
技術を持った病院をリサーチすると

・東京大学医学部付属病院
・国立がん研究センター中央病院
・東京都立駒込病院

があげられます

この中でも最有力なのが
東京大学医学部付属病院です

住所:東京都文京区本郷7丁目3-1

東京大学医学部付属病院は日本でも最先端の病院で
白血病患者さんの完治も

白血病は現在では不治の病ではなくかなりの確率で
完治できる病気なんだそうです

池江璃花子さんの場合現在、18歳と若くオーストラリア
の合宿中早期発見とみられ、完治する可能性はかなり
高いのではないでしょうか?

池江璃花子 入院の期間は?現在の症状

現在入院中の池江璃花子さんですが入院の期間は
どのくらいなのでしょうか?

白血病の進行具合や症状にもよってきますが
入院や治療が必要な期間は8~12か月と言われています

その間に一時退院し自宅で過ごしたりもできるとのこと

池江璃花子さんと同じように白血病を患っていた
渡辺謙さんはペンションで療養していたようです

池江璃花子さんの現在の症状ですがオールとラリア合宿で
肩で息をするほど疲労感に襲われ血液検査をし
白血病が分かったとのこと

白血病の初期症状として疲労感や体にあざが
出来ることもあるようです

貧血やめまいなどの症状もあるかもしれません

まとめ

今回は池江璃花子さんの入院先の病院と期間などを
調べてみました

突然の白血病発表に心配の声が上がっていますが
池江璃花子自身とても前向きですし、現在では
不治の病ではとの意見もあります

池江璃花子さん自身は東京オリンピックに向け治療に
専念したいとおっしゃっていましたが、どうか
完治して元気な姿を見せてほしいと心から祈ります

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサードリンク



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!