広島みなと夢花火2019の日程と駐車場が気になる?屋台や穴場情報も!!

今回は「全国の名匠が広島の夏の夜空に織りなす花火の競演~花火ミュージアム~」で有名な
広島みなと夢花火についてご紹介します

広島みなと夢花火のすごいのは瀬戸内海を舞台に「夢」をコンセプトとした約1万発の花火が上がる圧巻の花火大会
ですよね

日本有数の煙火工房自慢の力作の打上げが楽しみです

広島みなと夢花火2019の日程や駐車場、屋台や地元民しか知らない穴場情報などを
ご紹介していきます

スポンサードリンク

広島みなと夢花火2019の日程

2019年に開催されます「広島みなと夢花火」の日程は7月27日(土)です。

花火大会の打上げ時間は、20:00~21:00
小雨では決行されますが、荒天時に当日開催ができない場合は中止または順延になります。
なお、19:45~開会式が行われます(宇品波止場公園芝生広場ステージにて)

約10,000発の打上げ花火があがります。

開催地は、広島市南区にある広島港1万トンバース。
(住所:広島市南区宇品海岸3)

公共交通機関を利用するときは、
・JR広島駅から広島電鉄宇品線広島港行きに乗り25分、「海岸通電停」で下車し徒歩15分。
・JR広島駅からシャトルバス(有料)で約30分(最初の便は毎年16時半~)。
「広島競輪場」までだと250円
「マツダ西門」までなら220円
・普通の路線バスでも来場可能です。

スポンサードリンク

広島みなと夢花火 駐車場 屋台

駐車場

花火大会会場の周辺には駐車場はありません。
車はJR広島駅周辺の駐車場に停めて、広島電鉄(路面電車)やシャトルバス等で
会場まで行くのがよいでしょう。

収容台数の多い広島駅周辺の駐車場をご紹介します。

1、広島駅屋上駐車場(350台)
営業時間:0:00~24:00
料金:全日 200円/30分(入庫後24時間最大料金1800円)

2、エールエールA館駐車場(681台)
住所:広島市南区松原町9-1
営業時間:8:00~23:00(夜間入出庫不可)
料金:全日 200円/30分(駐車料金が2時間半を超える場合、当日中の駐車料金は一律1200円)

3、BIG FRONTひろしま(913台)
住所:広島市南区松原町5-1
営業時間:0:00~24:00
料金:全日 200円/30分(最大料金1600円)

4、エキシティ広島駐車場(500台)
住所:広島市南区松原町3-3-1
営業時間:0:00~24:00
料金:[8:00~19:00] 200円/30分(最大料金1600円)
[19:00~8:00] 100円/60分(最大料金600円)

5、アクティブインターシティー広島パーキング(106台)
住所:広島市東区若草町12-1
営業時間:0:00~24:00
料金:全日 200円/30分(平日の最大料金1500円、土日祝の最大料金2000円)

会場周辺の交通規制は17:00~23:00です。
例年通りですと、広島高速3号線の「宇品出入口」と「出島出口」が
通行止めとなります。

その際には最寄りの降り口は「仁保JCT」ですが、この周辺も駐停車禁止区域に
指定されています。
車で会場近くまで行こうと考えているならば、到着予定時間とそのルートは
事前にしっかりと決めておいた方がいいですね。

屋台

花火を観ながら、食べたり飲んだりするのも楽しみのひとつですよね。
広島みなと夢花火では、宇品波止場公園内を中心に露店がでています。
屋台定番のメニューから広島といえばお好み焼き!
また、近くの四川料理店が本格的な中華を屋台でも売っているようですよ。
辛いもの好きにはたまらないですね。

そう、辛い、といえば広島では汁なし担々麵がブームになっています。
花火大会が終わってから、なんかまだ小腹が空いているなあ、と思ったら寄ってみてもいいかもしれませんね。
広島駅の周辺にも専門店がありますよ。

広島みなと夢花火 穴場 お得情報

花火大会の鑑賞エリアをご紹介します。

まずは、有料席(個人協賛者)のご案内から。
1、 区分A(桟敷席:定員6名) 15000円/一口
2、 区分B(ベンチ席:店員3名) 7000円/一口
3、 区分C(芝生席:店員1名) 2000円/一口
いずれも、宇品波止場公園の海岸沿いの花火の見やすい場所です。
ただ、それぞれ販売口数に上限がありますので、お早めに。

続いて、一般観覧席のご案内。
こちらは広島競輪場を背にして、打上げ場所が左手方向に見える海岸沿いのエリアです。
アクタス広島店の右隣でもあり、中央物揚場として普段は使われている場所となっています。
入場制限エリアともなっていて、およそ2000人が定員ですので開放されたら場所取りで混雑が予想されますね。

少し離れてもいいから他に穴場スポットはないの?という方に、
「広島市 環境局 中工場」(広島市中区南吉島1-5-1)をご案内しましょう。
調べてみると、なんとごみ処理場と出てきますが、
実際には芝生の広がる場所が無料で開放されていて、ゆっくり落ち着いて観られる場所なんですよ。

もうひとつは「宇品御幸通り沿い」です。
広島電鉄「海岸通電停」駅を下車すると、海とは垂直に走っている道路ですが、車両通行禁止区域になってるんです。
この通りをそのまま海に向かうと、元宇品公園に続きますが、この道も車両通行禁止です。
屋台も出ていますし、駅に近い場所にいれば帰宅もスムーズに動けますし、便利でおすすめですよ。

まとめ

広島市内で明治から100年も続く、老舗の花火製造元も参加する花火大会。
伝統工芸ともいえる花火の技術を、革新も続けながら昔ながらのものと
最新のものとが混ざり合う。
そんな花火師の方々の姿に思いをはせながら、打ち上げられる花火のひとつひとつを観ると感動が倍増することでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク