秋元うい「しょうがっこうがだいすき」本出版で行列出演!父親と母親の職業は?

秋元うい「しょうがっこうがだいすき」本出版で行列出演!父親と母親の職業は?

秋元ういちゃんの書いた本「しょうがっこうがだいすき」がすごい売れている
そうです。

小学校2年生ながらにしてもう本を出版とは!

色々なテレビ番組にも出演していて、日本テレビの「行列のできる法律相談所」
にも6月2日に出演されるようですよ。

気になる秋元ういちゃんの本とはどういう本なのか、また父親と母親の職業は
何かをまとめました。

スポンサードリンク

秋元ういの「しょうがっこうだいすき」という本はどんな本?

秋元ういちゃんが小学校2年生の時に半年かけて書いた本が「しょうがっこうが
だいすき」という本で、現在はもう小学校3年生の9歳みたいですよ。

8歳で本を書き上げるなんてすごいですよね。

本の内容としては、これから小学校に入る子たちのために小学校生活はこうい
うことをするとこんなにも楽しいよとアドバイスしている本になっています。

秋元ういちゃん自身の小学生目線から書いているので、お子さんにも心に響く
ものはあるかと思います。

小学校入学する前のアドバイスだったり小学生になってからのアドバイスだっ
たりしたことが書かれています。

・小学生になるまでに、やるといいこと 6こ

・小学生になったら、やるといいこと 10こ

番外編として「ビリギャル」の著者の坪田信貴さんとの対談もあります。

子供でも新しい環境にいくのを不安になるのは大人と一緒。

でも秋元ういちゃんのアドバイスによって、楽しいところなんだと気付けたら
うれしいですよね。

スポンサードリンク

秋元ういが行列にも出演!

秋元ういちゃんが書いた「しょうがっこうがだいすき」という本がヒットして
4月の時には楽天ブックスとかAmazonでもランキング1位をとったりもしていま
した。

評価も高いので、買って損はないと思いますよ。

「めざましテレビ」や「王様のブランチ」にも出演していて、6月2日放送の
日本テレビ「行列のできる法律相談所」にも出演が決定しています。

小学生作家の秋元ういちゃんが悩める大人たちへ心にしみるアドバイスをする
そうですから、気になる人はぜひチェックしてみて下さいね。

秋元ういの父親と母親の職業は?

秋元ういちゃんの父親と母親の職業が気になる所ですね。

秋元ういちゃんの父親は秋元祥治(あきもとしょうじ)さん。

肩書がすごいです。

岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizのセンター長やNPO法人G-netの理事
(創始者)だったり。

早稲田大学の政治経済学部を中退していますが早稲田大学社会連携研究所の
研究員だったり慶應義塾大学のSFC研究所の所員だったりします。

父親の方も「20代に伝えたい50のこと」の本を書いていて、ダイヤモンド社か
ら出版しています。

ブログも書いていますよ。

秋元ういちゃんの母親はどうかというと、父親と同じ岡崎ビジネスサポートセン
ターOKa-Bizの副センター長を務めています。

名前は高嶋舞さんという事ですので、もしかして結婚前の名字を仕事の間は
使っているのでしょうか。

中小企業、社会起業、女性事業者、起業など売り上げアップ支援をしていて、
内閣府「女性のチャレンジ支援賞」、総務省「地域づくり支援賞」を受賞して
います。

ういちゃんを含めて3人の娘さんがいるようですよ。

父親、母親の職業ともに凄いものでしたね。

まとめ

秋元ういちゃんは「しょうがっこうがだいすき」という本を出版しています。

この本が凄いヒットして、小学校に入る直前のお子さんに読んでもらうために
買う人も多いようですよ。

テレビ番組にも多数出演していて、6月2日には「行列のできる法律相談所」に
も出演が決定しています。

父親と母親もすごい職業でしたね。

秋元ういちゃんのこれからも楽しみです。

スポンサードリンク