アイスダイエット方法って一体何?アイスの種類とは?

スポンサーリンク

アイスダイエット方法って一体何?アイスの種類とは?

アイスにまでダイエット方法が出来ているって知ってましたか?

最初知った時にアイスってダイエットになるの?と思いましたが、ちゃんと
なっているんです。

ブログとかに書かれている人もいるようですよ。

そんなアイスダイエット方法とは一体何なのか、またどんな種類のアイスが
いいのかを調べましたので紹介します。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

アイスダイエット方法とは?

まず、アイスダイエット方法とはどんな方法か知りたいですよね。

そもそもアイスってカロリーがあるって思いますからね。

確かに高カロリーのアイスはありますよ、普通に。

しかし栄養もあり、脂肪も蓄積しにくいのです。

方法としてはアイスクリームを置き換えダイエットのように朝食べてもいいで
すし、昼の3時のおやつとして食べてもいいですよ。

ですから、時間帯としてはか昼のおやつの3時です。

朝が無理なら昼でも大丈夫ですよ。

量はどのくらいかと言うと、1回につき大体100gくらいにして下さいね。

100gで約180キロカロリーとなっています。

温かい飲み物と一緒に食べると体の代謝も上げてくれるし、ゆっくりできます。

バニラアイスクリームで乳脂肪分12%以上のアイスがおススメです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

アイスダイエットの効果とは?

アイスダイエットの効果ですが意外にあるんですよ。

・栄養価が高い

実は栄養が多く含まれているんです。

アイスクリームにはタンパク質・炭水化物・ミネラル・ビタミン・カルシウム
などの栄養が含まれているって知っていましたか。

栄養バランスがいいんですね。

それにアイスクリームは血糖値の上昇が緩い食品になっているんですよ。

だからと言って食べ過ぎには注意してくださいね。

・脂肪が蓄積されにくい

人間の体はある程度の脂肪分は必要になってきます。

ダイエットして脂肪を摂りたくないと思ってる人も多いと思いますが、必要な
脂肪分は1日の摂取カロリーの20~30%と言われています。

もし脂肪分が不足していると、他の食べ物から脂肪分を摂りこもうとして溜め
込んでしまい、結果痩せにくい体にしてしまうのです。

ですから脂肪分は必要で、しかもアイスクリームの脂肪分はエネルギーとして
消費されるので、脂肪が蓄積されにくいのです。

・代謝アップ

アイスクリームは冷たいので体が冷えますよね。

体温が下がるので、その体温を上げようと体が脂肪を燃焼して代謝をアップさ
せてくれます。

代謝をアップさせてくれるので、痩せやすい体質になるんですよ。

スポンサーリンク

アイスの種類は何がいいの?

アイスの種類は全部で4つあります。

アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス・氷菓になります。

・アイスクリーム

アイスクリームが乳脂肪が一番多く含まれています。

乳固形分15%以上(うち乳脂肪分が8%以上)含まれている物です。

ハーゲンダッツやMOW(モウ)などがこちらに含まれます。

・アイスミルク

乳固形分10%以上(うち乳脂肪分が3%以上)含まれている物です。

アイスクリームよりは乳脂肪は少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分に
なります。

チョコモナカジャンボやジャイアントコーンなどになります。

・ラクトアイス

乳固形分3%以上含まれている物です。

乳固形分は少なく、植物油脂が使われることもあります。

パピコや爽、スーパーカップなどになります。

・氷菓

乳固形分はほとんどなく、果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷
などになります。

ガリガリ君やアイスボックスなどですよね。

おススメはアイスクリームで、コーンなどが無い方がいいですよ。

そしてバニラアイスがおすすめですよ。

もし飽きてきたら、ナッツなどを入れて食べてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アイスダイエットは毎日するの?

アイスダイエットの方法は簡単なのでやりやすいのはありますよね。

あとは、毎日やるものかどうか。

毎日行っている方の方が多いようです。

特に夏の季節の方が食べやすいのではないでしょうか。

冬ですと温かい飲み物と食べてたとしても寒いと思うのでまずは夏だけとか
でもやってみて下さい。

気になる人は2日に1回で続けてみては?

朝にアイスクリームを食べると脳が活発になるのでだるい夏場はすっきりして
いいのではないでしょうか。

ただ、食べ過ぎには注意して下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

アイスダイエット方法をまとめました。

朝食の置き換えダイエットやおやつの3時などにアイスクリームを食べるという
方法です。

栄養価が高いし、脂肪が蓄積されにくいのでいいのではないでしょうか。

種類としては乳脂肪分の多いアイスクリームにして下さいね。

コーンなどのついているのではなく、シンプルなアイスクリームのみのがいい
ですよ。

毎日食べるのが大変な人は2日に1回とかにして食べ過ぎには注意しましょう。

アイスクリームなのでレシピも無く、簡単ですよね。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました