瀧川鯉斗の昔は暴走族総長?画像はある?吉村崇に似てる?

瀧川鯉斗の昔は暴走族総長?画像はある?吉村崇に似てる?

この投稿をInstagramで見る

 

無事に真打昇進披露興行 本日2回目のトリ務めさせて頂きました。 #寄席#真打昇進披露興行#新宿末廣亭

瀧川鯉斗さん(@koitotakigawa)がシェアした投稿 –

落語会一のイケメンこと、滝川鯉斗さん。

2019年の5月に真打に昇進しましたが、この滝川鯉斗さんは昔は暴走族総長ま
で昇りつめた人だったとか。

その画像があるかどうか探しました。

また芸人の平成ノブシコブシの吉村崇さんにも似ていると噂ですので、こちら
も調べてみました。

スポンサードリンク

瀧川鯉斗のプロフィール

本名:小口直也(おぐちなおや)

生年月日:1984年1月25日の現在35歳

出身地:愛知県名古屋市

師匠:滝川鯉昇

名跡:滝川鯉斗

出噺子:むつのはな

活動内容:落語家

活動期間:2005年~現在

所属:落語芸術協会

生まれは東京都ですが、父親の転勤で北海道の札幌ときて小学校3年生の時に
愛知県名古屋市に来ています。

サッカーで活躍するも中学校のころからバイクに魅了され、生活態度が乱れ
ていきます。

2002年に東京に来て、師匠の滝川鯉昇の落語独演会を聴いたときに落語に惹き
つけられて打ち上げの席で弟子入りを直訴。

2005年に入門し、2009年に二つ目に昇進し、2019年5月に真打に昇進。

スポンサードリンク

瀧川鯉斗の昔は暴走族総長?

中学はサッカーで愛知県代表に選ばれたりして名古屋のグランパス・ユース
のスターティングメンバーたちと試合にも出ていた滝川鯉斗さん。

ポジションはキーパーで頑張っていましたが、バイクに憧れてそちらの道に
いってしまい、高校の推薦も受けられず、唯一受かったのがヤンキーの集まる
高校。

でも最初から目をつけられてしまい、結局は退学になったそう。

その後も暴走に明け暮れていて「天白スペクター」という暴走族の総長にま
でなったとのこと。

暴走族総長なんてなかなか慣れるもんじゃないから、よほど強かったり運転
テクニックが上手かったようです。

名古屋市には「天白区」という区がありますから、その辺りにいたのでしょう
か。

200台くらい集まったそうですので、その年代はまだ暴走族が多かった時代な
のでしょうね。

でも200台も走っていたのなら、目立つ感じでしたでしょうから「天白スペク
タ―」は強かったのかもしれません。

でも役者になろうと思い、辞めると暴走族仲間に言って「引退暴走」までして
もらったそうです。

暴走族総長から落語家になるにはそうとう努力したのでしょうね。

瀧川鯉斗の暴走族総長の画像はある?

滝川鯉斗さんが暴走族総長をしていた時の画像はあるのか探しました。

でも画像は残念ながらありませんでした。

ちょっと見たかった気もしますが、まあ残念ですね。

目力はある感じがするので、暴走族総長も似合いそうですよね。

瀧川鯉斗は吉村崇に似てる?

滝川鯉斗さんは芸人の平成ノブシコブシの吉村崇さんに似ているという噂が
あります。

私自身としてはあまり似ていないかなあと思うんですが、皆さんはいかがで
しょうか。

ちなみにそっくりかどうかの投票するものがあるんですが、滝川鯉斗さんと
吉村崇さんで「そっくり」に投票した人が「似てない」と投票する人よりも
多かったです。

似ていると思っている人が多いってことですね。

まとめ

滝川鯉斗さんは暴走族の総長をやっていて、画像は探したけど見当たりません
でした。

でもその後で落語家になったのは凄いことですよね。

芸人の平成ノブシコブシの吉村崇さんと滝川鯉斗さんが似ているという噂で、
似ていると思う人が多いようです。

スポンサードリンク